Iimage1

【ロコソウルコラム/DJ DIG-IT/2017.08】NewYork 探訪記

こんにちは。DIG-ITです。

 

少し前の話しですが、6月初旬にNew Yorkへ行ってきました。
6月のNew Yorkは本当に寒かったです。
滞在期間は4日間程度と短かったのですが濃厚な4日間でした。

 

New Yorkと言えば

「NewYorkerの歩くスピードは

DARYL HALL & JOHN OATES
-I CAN’T GO FOR THAT ( NO CAN DO)-

のBPMくらいだ」

 

 

 

というお洒落なコメントを何十年か前に何かの雑誌で見たのですが、

 

流れる時間は本当早くてとてもエキサイティングな街でした。

 

 

 

まずはレコードショップへ。

 

ロックの定番ブレイク物やSOULの定番物は安かったかな、という印象。
数々のDJやBeat Makerがフィバリットに挙げるブレイクNothing Is The Sameを収録しているGrand Funk Railroadのアルバムなど、
本当に安かったです。

 

逆にJAZZは高いイメージがありました。

 

Miles Davisなんかは再発でもそれなりの値段がしましたね。

 

 

中でも驚いたのはHIP HOPの安さでした。
SUPER LOVER CEE & CASANOVA RUD「ROMEO」のOriginal盤など格安で出てきたので救出。
ちなみに、個人的にはB面のGIGGOLO派です。

 

他にもBeastie Boys「It’s The New Style」なども格安コーナーakaエサ箱から出てきたので、
とりあえず救出しておきました。ちなみに、個人的にはB面のPaul Revere派です。

 

 

滞在中に行けたレコードショップの中でも、

A-1 Record Shopは外観からBGMから店員さんまで全てがカッコよかったです。

iimage1

いつもお世話になっているDJ Minoyamaさんから情報はもらっていたのですが、
床にある格安コーナーは本当に掘りがいがありました。

天井に敷き詰められたHIPHOPのレコードが歴史を物語っていましたね。
http://www.a1recordshop.com/

 

 

 

お次はグルメ。
予想してましたが、とりあえず量が多いです。笑
ピザやパンケーキなど、基本みんなでシェアしないと一人では食べきれないほどでした。

 

image3

オススメはFive Leavesというブルックリンにあるお店。
店内のBGMはドロッドロのDUBでしたが(笑)、本当に美味しかったです。
もしブルックリン方面に行かれる方はチェックみてください!
http://fiveleavesny.com/

 

 

 

最後にファッション。
昔からと思いますが、古着屋さんが盛り上がっていました。
海外は洋服のサイズが大きいので、

ジャストサイズがあまり無いのかな?と思いましたが、探すとザクザク出てきましたね。

 

 

大人気SupremeやKITHなども覗いてみました。
Supremeの人気商品は売り切れているようで、Supreme以外のブランドが並んでいましたね。
そして、ちゃっかりKITHでオリジナルのパーカーを作りました。笑

 

 

最後になりますが、
これからNew York含め海外に行かれる方は移動にuberの利用をお勧めします。

 

 

例えば、タクシーだと20ドルする距離もuberだと約半分程度の値段で移動できます。
しかも待ってれば来てくれる迎車スタイルで、日本のタクシーと違って迎車料金もかかりません。

 

アプリをインストールすれば簡単に利用できますので、

もし使ってない方や、これから行かれる方は是非ググってみてください。

 

 

今回はこんな感じで締めたいと思います。
ありがとうございました!!

 

 

DIG-IT

image2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA