4、にっちょめ

[Loco Column](DJ MAKOTO:008)コラム008 オススメ新譜&MIXTAPE名作選

<2017/3>コラム008  オススメ新譜&MIXTAPE名作選

ども、MAKOTOです。

18%e6%ad%b3%e3%81%90%e3%82%89%e3%81%84%e2%91%a1

※90’s Makoto Photoより
まだやや寒い時もありますがだいぶ暖かくなってきた感ありますね~。
先月発売したMIXCD「SLOWLY DANCIN’VOL3」はお陰様で好調でありまス。

ついでにバックナンバーも好調でSLOWLY DANCIN’VOL1、2完全に底をつく感じでございます。

皆様有難うございます。
3月末の週末以降5月にかけては再び毎週末イベントにも出演していく予定ですので是非現場でお会いましょう。

 

 

さて、まずは。
2月以降は新譜もいろいろ出てきましたネ。
中でもいくつか個人的なオススメをご紹介していきたいと思いまッス。
本日は7”、”2LP” 、MIXCDをそれぞれにちょちょいと。

 

●Nickee B / Shy Young Lady / Midnight Promenade (7”)
https://www.youtube.com/watch?v=mzhDnHjXfvo

1007314875

フランスはリヨン出身のNICKEE B、80’s Boogie revivalを担ったレーベルCADENCE RECORDSからの最新作がなかなかの好作品。

アーバン・メローなシンセ・ファンク「Shy Young Lady」、

 

ベースラインがナイスな「MIDNIGHT PROMENADE」の2曲を7インチでリリース。
モダン・ファンク~山達好きまで広くおすすめできる作品かなと思います。
シングルオンリー、一応500枚限定らしいス。。。いろいろなお店で売っていますがお早目に。
●JOSEF LEIMBERG / ASTRAL PROGRESSIONS(2LP)
https://www.youtube.com/watch?v=Caqp1YEesVk
https://www.youtube.com/watch?v=UkYVM0iOyYA
https://www.youtube.com/watch?v=qh2kM0CweUw

1007269086

http://locosoul.net/?pid=110629599

個人的にもドハマリしたKendrick Lamer「To Pimp a Butterfly」でプロデュースを努めたトランペット奏者の1st。

ゲストには、Kamasi Washington、Terrace Martin、Bilal、Kuruptなどそそるメンバーが参加しております。
Erykah Baduの名作「New Amerykah: Part One (4th World War)」、

 

Sa-Ra Creative Partners

 

などの作品に参加してきている実力者の作品内容はとゆーと、

 

Bilal参加の「Between Us 2」、

Kurupt参加の「Astral Progressions」、

「Echoes Of One」などなど、

あまり現場向きとは言えないかもですが響く曲が多数。
なお、ジャケットは日本人クリエイター青山トキオ氏が担当してるようですネ。

 

 

99684574 (1)

COMA-CHI / 太陽を呼ぶ少年 CD+絵本32p の絵描きさん。

 

 

 

今後にも注目でス!

 

 
●TERRACE MARTIN / VELVET PORTRAITS (2LP)
http://locosoul.net/?pid=112886977

 3、TERRACE MARTIN 

https://www.youtube.com/watch?v=YdJqc3HMShY
https://www.youtube.com/watch?v=V4pbpJOzIag
https://www.youtube.com/watch?v=jwvxdeWnmco
ついでにKendrick Lamarつながりでw
L.A.を代表する名プロデューサー兼サックス奏者Terrace Martinの2016年ソロ名義アルバムが、2枚組レコードでお目見えしましたのでLOCO SOULさんにて購入
内容はヒップホップ好きにも注目なクロスオーバー作品。
近年のLA近郊の注目ミュージシャンが多数参加、Kamasi Washingtonを迎えたジャズテイストの「Think of You」

女性シンガーWyann Vaughnをfeatしたインスト物「Turkey Taco」、

「With You」などなど。

 

 

●DJ にっちょめ / マジック オブ ソウル(MIXCD)
http://locosoul.net/?pid=113428510

4、にっちょめ

新丸子のbarイベント「project k@fatbros」で初めて一緒になって早2年半ぐらいかな?
Locosoulのインストアイベント「Reliable connection」でも何度かspinしておりますが、
根っからの音楽・レコード好き、
いや変態(いい意味でネ)。
そして氏の行動力にはなかなか頭が下がる。
本作品も多数の現場経験と常にdigして養ったであろう確かな耳をベースににっちょめ節が全開です。
ここ1~2年の新譜も随所に入れながら、にっちょめ流ソウルヴァイヴスを存分に味わえます故、是非ゲットしてみてくださいネ。
もちろんロコソウルさんでも絶賛中の絶賛で発売中であります。

2月末で閉店を予定していたlocosoulさんは諸事情で4月くらいまでは週末土日はお店を開けているみたいでス。

 

この後3月・4月も新譜は豊作な感じなので、是非レコード屋さんに行きましょう。

 

特に元町・中華街へw

 
さてさて、少し気分転換に話題を変えまして。
今では身内周りばかりの作品しか聴かないようになってしまいましたが、、、泣
90年代中頃~2000年初期頃は勉強しようと思ってよくMIX作品をチェックしてた時期もありました。。。

皆最初はそうかなと思います。
そこで若かりし頃に心に突き刺さったMIXTAPEを今だからこそ原点回帰的に振り返っていきたいなと。

 
厳選4本をピックアップするとやはりメジャーな作品かなぁとも思いました。
DJ Ryow / Family Vol.1
2000年か2001年頃の衝撃。当時ワタシがFAMILYでFLIP Da STYLEというイベントを始めて間もないころよりRyowさんは店長として君臨、今なお大変お世話になっている大先輩の初期作品。
(現在はDJ Ryow a.k.a. Smooth Current名義で今なお精力的に活躍中でありまス)

 
本作品は、今はあまり活動していない010(霊獣)がラップで参加、

スクラッチではKENSEIさんの弟子的な立ち位置?であったDJ Okuboさん、そして同じく大先輩のDJ Kenzoくんが参加。
ワタシやその周り、いや当時のHIPHOPファンにとっては印象深すぎる作品と言えます。

 

当時、Ryowさんが現場でかけてたレコードを翌日にギネスレコードなどに買いに行ってた思い出が蘇りますww
多分ワタシ以外も結構同じような動きしてた人多し。(知り合いばっかり)笑

 

今でもJurassic 5 / Swing Setを聴くと100%Ryowさんのハマりすぎなカウント2枚使いを思い出します。
Ugly Ducking などの西海岸もの、最近LP再発したっけな?Square One などのUKもの、その他AIM、DJ Cam、MASS INFLUENCE、BRASSYなど、
どれも当時「誰なんだこの曲は」的な最高の楽曲を絶妙の流れと匠の業で仕上げております。
聴いたことない人は是非探しに探して聞いてみてください。
自分のは既に擦り切れていて余裕で聞けませんw
ちなみにRyowさんのMIXはCDも含め今では考えられません累計2万本も販売されたそうです。ガーサスです。

●DJ Kou-G / grooveman spot
ご存じ「Jazzy Spot」所属、グルマンさんの名前を世に広めた2003年の重要作品。その後2枚組でCD化もされましたネ。
この頃はGagleなど東北のアーティストがその名をとどろかせ始めており、東京にも進出し出していた頃ですね。
先述のRyowさんが看板で当時不定期開催されていたRESPECT@FAMILYで自分も何度かご一緒させていただき、初めて見たときにやはり現場でのスキル、表現力は只ならぬものを感じました。

皆さん大好きResurrectionグルマンさんリミックスから始まる本作は、INI、LITTLE INDION、FUNKDOOBIEST、REAL LIVEなどド渋な90sを絶妙のセンスでミックス。

Blowin’ Up In The World / Kool G Rapは最高のGROOVE感の中に入ってきて、かなりテンションがあがった記憶あり。

当時は誰もMIXなどには入れようとしなかった、すたれてしまってた感のある安皿を掘り下げて仕上げるクオリティがとにかく流石の一言。
アグレッシブさを要所で魅せつつも、メロウなネタのループによる「気持ちよさ」で統一されているところがなんとも好みすぎでした。
久しぶりに聴きたいw
●DJ MURO / Diggin’ Ice 96

105547420

http://locosoul.net/?pid=105547420
結局これは外せないシリーズなのかなと。選曲の広さは当時の衝撃。
最近になって2枚のMIXレコードとなってリリースされてますよネ。それにも驚きw
今では定番クラシックとしてお馴染みの納涼感を重視したSWEETなウタモノ、ソウルを中心にスムースかつドラマチックにミックス。

シチュエーション問わずにずっと聴いてられるブツとして、当時渋谷界隈のレコ屋や洋服屋等で高い確率でかかっておりましたネ。

今は多くなりましたがほんと先駆けできな作品であったと思います
●DJ KIYO / R&B JOINT DAY & NIGHT
KIYOさんのMIXはHIPHOP含め当時から響くものがほとんどだったんですが、

個人的には特に1997年産のコレ。

 

2本組ミックス・テ−プでリリ−スされた、まさにR&B MIX作品の最高峰。(いつぞやのCISCO購入特典のR&B MIXも好きでしたが)
DAYサイドはHOW CAN YOU TELL ME IT’S OVER? 、A LITTE SPICE(GANGSTARR REMIX)、SPREAD MY WINGS 、NOBODY DOES IT BETTERなど、
NIGHTサイドはMAKE IT LAST FOREVER 、I GOT A THANG 4 YA!  、GIVING MY ALL TO YOU などなどを絶妙なMIXとGROOVEでつくりあげられた逸品。
当時はワタシはまだ学生でして、バイト中(?)擦り切れるまで聴き込みました。。。
これに収録されてたレコードはこぞって高値がついてなかなか購入できませんでしたよネ。。。。
なお、2006年に再発されたCDは高値らしいのですヨ。。納得の内容ですからネ。
たまにはこういう企画も良いですネ。
それでは、今月はこの辺で。
また来月です~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA