C01 1205 A

[LocoColumn]DJ DIG-IT(from Meaters) 007/ 2016年、現場でプレイしまくった新曲たち(TOP5)

こんにちは。DIG-ITです。

20160205_703

 

今回は新年最初のコラムなので、昨年何度も現場をお供した音源を5曲ほど紹介したいと思います。

Cool-Uncle-Game-Over

1曲目はCOOL UNCLE feat.Mayer Hawthorneの「Game Over」です。

LPは争奪戦でしたね。

Jack SplashBobby Coldwell

 

 

Tuxedoでの活躍はもちろん、ソロでの活躍も目まぐるしいMayer Horthowneのfeat。
悪い訳がありません。これは名曲として語り継がれるでしょう。
サビ前の込み上げ部分でいつも昇天です。
ワガママを言うとColor Vinyl(しかも白)というのが、個人的には残念でしたね。
Color Vinylは溝が分かりにくくて苦戦するし、音質も通常の黒盤と比べるとColorの方が若干劣ってる気もしますしね。


 

2曲目は前にもコラムで紹介したAPSD「Gold Tops」です。

HS009_1
いい感じに食い込んでくるトークボックス、硬くて抜けのいいスネア、ブリンブリンのベース、もう全てが好みでした。
早い時間、ピーク、終盤どの雰囲気にも何故かマッチする不思議な曲です。
2016年に1番かけた曲かもしれません。
今となってはLPは中々見かけないので、ダウンロードするなら音の良いBandcampでFlacもしくはWAV形式でのダウンロードをオススメします。

同局が収録されているアルバムも全体的に好曲多かったです。
Tuxedoなんかが好きだった人はマッチするかと思います。


 

3曲目はJacob Collier「Saviour」
1994年生まれの22歳。


あのHerbie Hancock「おいおい、いまのコードはなんだ!?巻き戻せ!!」と言わせた天才です。
全体的に重心低めで、後ろのめりという感じでしょうか。本当に好みです。
先日アルバムがレコードで出ましたので、未チェックの方は是非チェックしてみてください。
ちなみに同アルバムに収録されている「Close To You」のカバーは7インチでもリリースされていますが、これまた秀逸です。


4曲目はNxWorries (Anderson .Paak & Knxwledge) /Wngsです。

a2424428043_10
これは以前KnxwledgeがBandcampで公開したアルバムにインストとして収録されてました。
その時からイベントではちょくちょくかけてましたが、Anderson .Paakの唄が乗って更に昇華しました。
本当にスタイリッシュでいい曲です。

トラックはKnxwledge節が炸裂してます。
まだLPは手に入ると思いますので、気に入った方は是非レコードでも聞いてみてください。


 

最後はPushim/Feel Itです。

f566e672cf423d

Captain Vinylからリリースされた7インチは売り切れるの早かったですね。
長いことCDの音源をかけていたのでレコード発売を知った瞬間に予約しました。
このMURO’s EDITは2016年のダンスフロアを大いに沸かした曲の一つではないでしょうか。

C01-1205_A
2016年はこの曲を流したいがために、BPM120前後のレコードを多めに買った気がします。

というくらいいい曲です。
ちなみに、Grooveman SpotさんのRemixもサウンドクラウドにUPされていますが、こちらも同じく最高なのでレコード化希望!

こんな感じで今年のコラム初めを締めたいと思います。
末筆ながら今年も気になった音楽ネタを書きたいと思いますので、引き続きよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA