103740081

【入荷レコードPICK UP】→DE LA SOUL (デ・ラ・ソウル)/AND THE ANONYMOUS NOBODY (2LP)

DE LA SOUL (ソウル)/AND THE ANONYMOUS NOBODY (2LP)

103740081

ヒップホップのレジェンドと呼ばれるアーティストの中でも、ちょうどワタシ個人の人生ともリンクしてしまうのが、今回ご紹介するソウル。(注:ワタシは1976年生)

フォーでヒップホップファンなら、リアルタイムでハマったきっかけはA Tribe Called
Questなどのいわゆるネイティヴタン周りである可能性が高いと思いますが(1988-1992くらい)、

中でも入門編としてソウルのアルバム(ワタシは2nd「Is Dead」)からハマった人はカナリ多いのではないでしょうか?

1988-1990年あたりはNWAを筆頭にップの内容がハードコア、ギャングスタ路線が主流ななりつつあるなか、

平和な日本で安全に育った私たちからするとプロレスを見るような感じでップの世界を見ていた節がありますが

彼らが出てきた時は、「なんか感覚近いかもなぁ」と思わせる内容が多く
DJを開始してから当面は「ソウルというだけで必ずゲットしていました。

しかし、1990年代中後半はセールス的にも立場的にも「?」な時期が続き、ワタシもDJとしても初期の曲しかプレイする機会がなかったわけですが・・・
2000年にの夏・秋にNYに行ってみたら、街のあらゆるところ「Oooh」がヘビロテされており、大復活を実感!

あの曲と「ALL GOOD」は2000年代前半のレコ箱から外されることはありませんでした

2004年の7枚目「Grind Date」以降、アルバムリリースもなく「どうなる??」という感じでしたが
2015年にクウドファンィングで60万ドルの支援を集めニューアルバム制作スタート!レジェンドがレコード会社のパワーに頼らず、資金集めから、楽曲制作にいたるまで一貫して行っている感じに好感を持ちました

通常、メジャーリリースのアーティストがアナログリリースをしても、流通大手経由でなければ取り扱えない都合上、私たちのような地域の小さなレコード店では取り扱いができない場合が多いのですが・・・今回のソウルはインィーズリリースということで私たちも扱うことができ嬉しい限り!

肝心の内容も、あらゆるアーティストとジャムセッションした音源をサンプリングするという手法で、いわゆる「まんまサンプリング=著作権で・・・」というトブルも回避し、合法的に、かつ制限なくサンプリングを中心とした曲を制作することができるという、、、正直言って羨ましい内容となっています。

参加アーティストもR&B界の主役の地位を継続している「USHER」や独特の立場を継続している「Jill
Scott」や「Estelle」などの女性シンガー、若手のッパーの中でも一際目立つ存在「2
CHAINZ」、ベテン「Snoop」などUSメインストリームを意識したであろう面々。UKロックシーンの重要なバンド「BLUR」のフロントマンであり覆面ユニット「GORILLAZ」のメインメンバーでもある「Damon
Albarn」(意外なようで頷ける!)、ローリング ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト入りした「Talking
Heads」の「David Byrne」(幅広いコネクション)、スウェーンのちょっとぶっ飛んでるバンド「Little
Dragon」(ここ選ぶあたり意外性)などなど。

これで気にならないわけない!!!って内容です。

実際の各曲のレビューやネタ元は・・・とりあえずヒミツ! 1曲だけYOUTUBEなどで聴いただけでも伝わりにくい感じかもしれないので
アルバム通して何度も聴き込むスタイルをオススメいたします~(‘∀`)

ちなみに同じタイミングでドキュメンタリーの動画もあったので併せてみると面白いと思います。

De La Soul is Not Dead: The Documentary

どうやら、伝説の過去作も正規再発が出る感じみたいですね!!!!

当時のLP。音がサイテー(笑)だったので、ここらで重量盤で揃え直したいものです。

まずは新作を聴きながら情報を待ってみましょう~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA