スクリーンショット 2019 02 04 13.27.47

明日はRECORD STORE DAY 2019!!

 

いつもご覧いただき、ありがとうございます◎

 

いよいよ明日、4月13日(土)は、

RECORD STORE DAY 2019が開催ですね。

 

RECORD STORE DAY(以下、RSD)に関してあらためておさらいしておくと、

 

”RECORD STORE DAYは、その名の通りレコードストアの文化を祝い、宣伝し、

独立した小売店舗を活性化し、フィジカルメディアを手にするよろこびや音楽の楽しさを共有する、

年に一度の祭典です。”(RSD JAPAN公式サイトより抜粋)

 

インターネット通販や、音楽配信など、とても音楽に簡単に触れることのできる昨今において、

「実店舗で実際にレコードを探す」というアクティビティを通じて、

よりアナログレコードの面白さや魅力を感じ取ろうという、とても素晴らしいイベントだと思います。

 

当店は現在、オンライン通販ショップのみでの営業なので、残念ながらRSDのタイトルは取り扱うことができないのですが、

一人アナログレコード・フリークとしてはとても有意義なイベントだと思っているので(要はレコード買いたい。)

是非このブログをご覧になっている方には、最寄りのRSD参加店舗に足を運んでいただきたいな、

そう思う次第です!!

筆者も、終業後にRSDタイトルめがけて行きたいなと思っています(間に合うかな。。。汗)

 

さて、すでにRSD限定商品に目星をつけている方もそうでない方も、

今回は筆者の超個人的なオススメ商品をご紹介!!

(普段から当店のコラムに関してはそうですが、

それぞれの記事に関して、それぞれの著者の趣味嗜好が強く反映されたなかでの紹介となりますので、

今回ももれなくその点を十分にご理解いただいて上でご覧ください。)

 

なお、ご紹介する順番に関して、完全に思いつき=順不同です。笑

(それよりまずはどんなタイトルがあるのか全部のタイトルが見てみたいな、と思う方は、是非RSD JAPAN公式サイトへ)

 

 

まずは、これですね。

 

 

 

RSD3_1-1024x771

 

 

今回一番欲しいのは、

 

RSD2019で、日本とアメリカだけで発売の3inchレコード専用ターンテーブル

RSD3 Mini Turntable です

 

crosley-radio-rsd3-turntable-1

 

なんと縦横15.5cm×11.5cm(高さ6.5cmダストカバー含む)という

なんとも可愛いミニチュアさ。ちょっとしたスマホ/タブレット端末サイズのミニチュアターンテーブル。

 

これはなんというか、もう可愛いって理由だけで買いです。

「レコード聴いて見たいけど、置くスペースがないからなー」なんて皆様、

もうスペースの問題も解決です。笑

 

ターンテーブルはスピーカーを内蔵しているほか、

ピッチコントロール、Audio-TechnicaのMM型カートリッジ、ヘッドホン/外部スピーカー接続用のアウトプットを搭載。

バッテリーはUSB接続のほか電池駆動も可能という、機能も充実の

ポータブル・ミニ・レコードプレーヤーです。

 

 

余談ですが、

今年1月末にリリースした、

MEATERS – 濱ROLLの7inch(おかげさまで多くの店舗様&当店も完売!!ありがとうございます!!)

の製造過程でアナログレコード・プレスを行なっている、

東洋化成さんのエンジニア・ルームに機会を作っていただきお邪魔させていただいた時(昨年の12月ごろ)に、

この3inchレコードの開発中と思われるテスト盤がいくつか置いてあって、

「これなんですか?」ってきいたら、

 

「あー今開発中の、商品開発ってより、なんというか、、、まぁ試験的なやつです….(それ以降は察してね。)

みたいな感じでお伺いしてたのが、

コレだったとは。(だと思います)

 

 

メーカーのCROSLEYからレビュー動画もありました。

 

 

こちらの発売に合わせ3inchレコードも発売されるそうなので、あわせてチェックをおすすめします!!

 

 

さて、次はやっとレコードです。

レコードは欲しいタイトルが多すぎるので、

特に気になった3タイトルを。

 

まずは

 

鶴岡龍 – KIMINOKO (7inch)

luvlaw

2016年に鶴岡龍とマグネティックス名義でリリースされたファースト・アルバム『LUVRAW』収録曲が遂に初7インチ化。

アルバムはLP化され、欲しかったのですが、当店でも早くに完売し、そのアルバムの中でも、特に好きな1曲だったので、

これは嬉しい7inch化です。ジャケットアートワークも◎

 

 

次は、

SIRUP – LOOP / Do Well (Yaffle Remix) (7inch)

ジャケット写真TYO7S1013

 

今最注目のアーティストの一人であるSIRUPが、RECORD STORE DAYに初となるアナログリリース!

 

実は、名前は知りつつも、楽曲をあまりチェックしておらず、昨年初めて当店も出店したイベント、

「Local Green Festival」でLIVEをみて良いなぁと思った楽曲、

ライブではその確固たる人気を容易に感じ取れることができるほど、口ずさむオーディエンスが多く

さらに、Levisとのコラボ企画もあるそうで、何かと楽しみな一枚。

 

 

 

 

次が、

Erykah Badu & James Poyser – Tempted (7inch)

418460431194 360

Erykah Baduと、James Poyserが、Squeezeのカヴァー「Tempted」を、限定リリース。

現段階では参考音源などが公開されていないだけに、余計にきになる1枚です。

 

 

そして、

 

SUNAGA T EXPERIENCE – 揺れる。(7inch)

70726f647563742f32303139303330345f3461373133362e6a706700363030000074006669745f686569676874

須永辰緒のソロユニット=Sunaga t experienceの最新作『Suomenlinna』から、

RSD限定の7inchがリリース。

昨年のRSDで大好評だった『粉雪』に続き、2019年も7インチ・リリース決定!! (しかも、今年は3タイトル同時発売。)

その中の1枚で、

こちらはLA在住のヴォーカリスト、Saraを招いた日米合作で、その破壊力はあの「It’s You」を超えるとも噂されており、

すでに氏とも関わりの深い渋谷オルガンバー界隈でも話題沸騰の新曲。

なんといっても、

ブッダブランド「人間発電所」でおなじみ、King James Versionによるメロウ・ソウル・クラシック

「I’ll Still Love You」を引用した超話題作です!!


 

RSD当日は、のリリースに先駆けた先行視聴会・トークイベントが、

du cafeにて開催されるそうで、こちらもきになるイベントですね。

 

 

3タイトルといいつつ、4タイトルになってしまいました。笑

 

やはり昨今の7inchのトレンドを色濃く感じる今回のRSD2019、

本当はまだまだ色々紹介したいのですが(特にLP盤)、時間の都合上、割愛します!!笑

 

普段当店サイトをご利用いただいている方にも、是非RSD2019を楽しんでいただけたらな、そんな風に思います!!

 

 

P.S.
(当店は明日、先ほど夕方入ってきたばかりのRSDに負けず劣らずな超充実の内容の新作情報をメルマガにてお届け予定です!!明日は日中RSD、夕方17時から18ごろからは当店のメルマガをお楽しみください!!笑)

 

下記RSD2019リンク↓

https://recordstoreday.jp/

 

スクリーンショット-2019-02-04-13.27.47

 

ご一読いただき、ありがとうございました!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA