Solange

solange knowles (ソランジュ) 4th album “When I Get Home”が突如リリース!!

こんにちは
LocoSoul Records スタッフです。

 

いつも新作情報をブログにてご覧になっている方に

そういった情報以外でも

 

ちょっとした話題になったり、スタッフの独自目線からになってしまいますが、

“思わずFBなんかで「いいね!」したくなるが個人アカウントだと「いいね以上シェア未満」”

的な状態になってしまう、

音楽情報をお届け(シェア)できたらな。

そんな風に思い、無精ながらも

またすこしずつ、こういったブログもお届けできたらと思います。

 

 

ちなみに普段のメルマガと、何が違うか、

 

話すと長くなるので、ざっくりいえば、

普段のメルマガ連動型、新作情報では、「森」のような情報ですが、
こちらはどちらかというと、1本1本の「木」をみるような情報、

という感じでしょうか。

(同じ「木」でも、もちろん内容・質の濃淡はもちろんあります。笑)

 

 

そして、少しブログを執筆するスタッフの個人的な主観なども、
少し(そしてたまに)お届けできたらなと思います。

 

 

 

さて、早速タイトルにもある通り、

昨日突如ともいえる、

solange knowles(as ソランジュ)
の最新アルバム発表がありました。。

 

 

タイトルは、

「When I Get Home」

solange

 

 

 

個人的に、前作のNEO SOUL はたまたコンテンポラリーR&B色の強い
  ”A Seat at the table” も
blog0301

よく聴いたアルバムでした。

(改めて聴くと、やはりSolange姉(Beyonce)とどことなく重なるヴォーカルの雰囲気ありますね。)

 

 

とくに、Q-tipとの”Border Line”はよく聴きましたね。

(動画なかったので、聞いたことのない方は、ぜひ探してみてください。とても良い曲です。当店もLPは完売してしまいました、、、すみません。)

 

 

リリース当時は、Mixで収録されたり、ラジオやクラブなどでも

よくプレイもよくされていたような気がします。

 

 

少し前作の話題で脱線しましたが、

今作の制作には、

前作でもSolangeとともにExec.Producerを務めたRaphael Saadiqをはじめ、

Odd Future所属のEarl SweatshirtやTyler the Creator、The Internetの Steve Lacy、

さらに 幅広いフィールドで活躍するSampha(前作も参加)、Pharrell Williams、 The-Dream(前作も参加), などが参加。

 

 

タイトルにもメッセージが込められているかと思いますが、

彼女のローカルな一面を深く掘り下げたルーツを感じて欲しい、

そういったメッセージというか、印象を受ける作品だな、という感じです。

R&B、HIPHOP、SOUL、JAZZ、などのエッセンスも交えつつ、どこかよりいい意味でジャンルレスでオルタナティヴな作品だと思いました。

 

みなさんはいかがでしょうか。

今はストリーミング配信のみですが、ぜひ機会があれば聴いてみていただきたいです。

 

ちなみに、

今のところ

アナログ盤のリリースの正式な目処は立っていないようですが、

「ゆっくり聴くにはアナログ派」の自分としては

楽しみに待ちたいと思います!!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA